コッホの似顔絵

コッホのイラスト

ロベルト・コッホ

Robert Koch(1843-1910)
ドイツの医師・細菌学者

クラウスタール出身。ゲッティンゲン大学卒業後、地方の衛生技師を経て、ベルリン大学の教授となる。炭疽菌やコレラ菌の純粋培養に成功し、細菌が動物の病原体である事を証明。のち結核菌の治療薬(現在は診断薬として活用)としてツベルクリンを創製し、1905年にノーベル生理学医学賞を受賞した。パスツールと並んで「細菌学の祖」と称される。

関連人物

  • ヘンレ(解剖学者):病原性微生物の存在を示唆し、コッホに影響を与えた。
  • ペッテンコーファー(衛生学者):コレラの発生原因について論争。
  • ベーリング(細菌学者):弟子。血清療法を確立。
  • エールリヒ(細菌学者):弟子。化学療法を確立。
  • レフラー(細菌学者):弟子。ジフテリア菌の発見者。
  • 北里柴三郎(細菌学者):弟子。ペスト菌の発見者。
  • 森鴎外(小説家・軍医):ベルリン滞在時に師事。

(2012/06/04 改作)