斎藤道三の似顔絵

斎藤道三のイラスト

斎藤道三 / 斎藤利政

さいとうどうさん / さいとうとしまさ(?-1556)
戦国時代の武将・大名

学僧から油行商を経て、美濃守護土岐氏の家臣に仕えた長井新左衛門尉の子。前名は長井規秀。父の死後に家督を継ぐと長井氏の惣領を乗っ取り、土岐頼芸を守護職に擁立。1538年、頼芸の取立てで守護代斎藤氏の名跡を継いで斎藤利政と名乗り、稲葉山城を居城とする。しかし次第に頼芸と対立し、大桑城を攻めて頼芸を尾張へ追放、美濃一国を掌握した。のち尾張織田氏と姻戚同盟を結んで隠居するが、嫡男義龍と確執を深めて長良川の戦いで敗死した。

関連人物

  • 土岐頼芸(美濃守護):主君。後に道三に追放された。
  • 織田信秀(尾張の大名):頼芸を保護して道三と抗争。後に政略結婚で和睦。
  • 織田信長(尾張の大名):婿。長良川合戦で援軍を送るが間に合わなかった。
  • 濃姫(織田信長の正室):三女。名は帰蝶。
  • 斎藤義龍(美濃の大名):嫡男。家督相続を巡る確執から父に対して挙兵。
  • 稲葉一鉄(斎藤氏家臣):美濃三人衆。
  • 氏家卜全(斎藤氏家臣):美濃三人衆。
  • 安藤守就(斎藤氏家臣):美濃三人衆。

参考資料

  • 斎藤道三像(常在寺蔵)

(2012/07/07 改作)