坂本龍馬の似顔絵

坂本龍馬,坂本竜馬のイラスト

坂本龍馬 / 坂本直柔

さかもとりょうま / さかもとなおなり
(1836-1867)
幕末の土佐浪士・商人
海援隊隊長

土佐藩郷士の出身。江戸に出て剣術を修行し、1861年に武市瑞山の土佐勤王党へ加盟。脱藩後、江戸で勝海舟に入門して航海術を学び、神戸海軍操練所の塾頭となる。操練所解散後は長崎で亀山社中(海援隊)を興して貿易業に参入し、これを機に中岡慎太郎らと協力して薩長同盟を仲介した。さらに新国家の基本方針(俗称「船中八策」)をまとめ、幕府の大政奉還に影響を与えたとされるが、ほどなく京都近江屋で見廻組の襲撃を受け暗殺された。

関連人物

  • 山内容堂(第15代土佐藩主):主君。
  • 勝海舟(幕臣):師。龍馬が「日本第一の人物」と慕ったという。
  • 武市瑞山(土佐浪士):同志。土佐勤王党盟主。
  • 近藤長次郎(土佐浪士):同志。龍馬と共に亀山社中を組織。
  • 中岡慎太郎(土佐浪士):同志。陸援隊を組織。
  • 土方久元(土佐藩士):同志。龍馬や中岡らと連係して薩長同盟を仲介。
  • 後藤象二郎(土佐藩参政):大政奉還運動を進め、容堂の了解で藩是とした。
  • 小松帯刀(薩摩藩重臣):亀山社中・海援隊の設立を援助。
  • 西郷吉之助(薩摩藩士):龍馬を介して薩長同盟を締結。
  • 桂小五郎(長州藩士):龍馬を介して薩長同盟を締結。
  • 三岡八郎(福井藩士):新政権の財政について語り合ったという。
  • グラバー(貿易商):兵器販売で亀山社中と取引。

(2017/01/28 改作)