木戸孝允の似顔絵

桂小五郎,木戸孝允のイラスト

木戸孝允 / 桂小五郎

きどたかよし / かつらこごろう
(1833-1877)
幕末の長州藩士、明治時代の政治家

長州藩出身。旧姓は和田。吉田松陰に師事して江戸へ遊学後、高杉晋作らと尊攘運動を進める。禁門の変後、長州藩改革派が藩政を握る過程で諸藩と折衝し、1866年に薩長同盟を締結。新政府で参与となり「五箇条の御誓文」の起草に参加、版籍奉還・廃藩置県を行うなど、開明派として近代化政策を進める一方、しばしば大久保利通とは対立する。岩倉使節団副使として外遊後、台湾出兵に反対して参議を一時辞職。西南戦争の最中に病に倒れた。

関連人物

  • 吉田松陰(長州藩士・思想家):師。
  • 久坂玄瑞(長州藩士):同志。
  • 高杉晋作(長州藩士):同志。
  • 広沢真臣(長州藩士・参議):同志・腹心。
  • 大村益次郎(長州藩士・兵学者):桂らの要請で藩の兵制改革に尽力。
  • 坂本龍馬(土佐浪士):土方久元・中岡慎太郎らと共に薩長同盟を仲介。
  • 西郷隆盛(薩摩藩士・参議):維新三傑の一。薩長同盟を締結。
  • 大久保利通(薩摩藩士・参議):維新三傑の一。新政府内では政治的に対立。
  • 由利公正(福井藩士・参与):福岡孝弟らと共に「御誓文」の起草に参加。
  • 岩倉具視(新政府首脳):外務卿・特命全権大使として欧米諸国を歴訪。

(2017/08/12 改作)