ウェーバーの似顔絵

ウェーバー,ヴェーバーのイラスト

カール・マリア・フォン・ウェーバー

Carl Maria von Weber(1786-1826)
ドイツの作曲家

リューベック近郊出身。幼少より父の率いる劇団と共にドイツ・オーストリア各地を回り、旅先で音楽を学ぶ。独立後はマンハイムを本拠に演奏旅行を行い、プラハやドレスデンの歌劇場で活躍。当時主流のイタリア・オペラに対抗してドイツ語のオペラの上演に努め、1821年初演の「魔弾の射手」を成功させ、ロマンティック・オペラを確立する。他に「オイリアンテ」「オベロン」のほか、ピアノ曲「舞踏への勧誘」や協奏曲をなどを残した。

関連人物

  • コンスタンツェ(歌手):従姉。W.A.モーツァルトの妻。
  • M.ハイドン(作曲家):ザルツブルク滞在時の師。
  • ヴィーラント(詩人):歌劇「オベロン」の原詩作者。
  • シュポーア(作曲家):共にドイツ・オペラの上演に尽力。
  • マルシュナー(作曲家):共にロマンティック・オペラを確立。
  • ベルリオーズ(作曲家):「舞踏への勧誘」をオーケストラ用に編曲。
  • マイアベーア(作曲家):ウェーバーの歌劇に影響を受けた。
  • リスト(作曲家):ウェーバーのピアノ書法に影響を受けた。
  • ワーグナー(作曲家):ウェーバーの影響を受け、ドイツ・オペラを拡充。
  • マーラー(作曲家):未完の歌劇「三人のピント」を補完。

(2012/08/26 改作)