キリヌケ成層圏

歴史上の人物の似顔絵を切り絵で描くブログ(画風改造中)

チマブーエの似顔絵

2014/05/22

チマブーエのイラスト

チマブーエ

Cimabue / Cenni di Pepo(1240?-1302?)
イタリア・初期ゴシック様式の画家

フィレンツェに生まれ、ピサで死去したとされるが詳細な経歴は不明。その作風は、金地の背景、正面性・左右対称性の強い構成、人物の平面的配置など、ビザンティン様式を深く留めつつ、人物の表現などに後のルネサンス美術へ繋がる萌芽もみられる。主要な作品にフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の「キリストの磔刑」、同じくサンタ・トリニタ聖堂の「荘厳の聖母」など。若きジョットの画才を見出して弟子にしたという逸話は、今日では伝説色が強い。

関連人物

  • ドゥッチョ(画家):同時期にシエナで活躍した。
  • ジョット(画家):弟子と伝えられるが、伝説色が強い。
  • ダンテ(詩人):「神曲」でチマブーエを「かつての絵画の覇者」と評した。
  • ヴァザーリ(画家):「芸術家列伝」でチマブーエを筆頭に挙げた。

参考リンク

-似顔絵, 世界の人物, イタリア
-