石川啄木の似顔絵

石川啄木のイラスト

石川啄木

いしかわたくぼく(1886-1912)
明治時代の歌人・詩人

岩手県出身。盛岡中学(現盛岡一高)中退。在学中から作歌に熱中し、20歳で処女詩集「あこがれ」を刊行して将来を嘱望されるが、生活のため故郷の代用教員や北海道の新聞記者など各地を放浪する。のち上京して東京朝日新聞の校正係に就き、1910年出版の歌集「一握の砂」が歌壇内外から注目された。また大逆事件に衝撃を受けて社会主義に共鳴し、評論も執筆するが、肺結核のために27歳の若さで死去。死後に歌集「悲しき玩具」が出版された。

関連人物

  • 金田一京助(言語学者):先輩で友人。貧窮に苦しむ啄木を支援した。
  • 野村胡堂(小説家):先輩。啄木の文学志向に影響を与えた。
  • 及川古志郎(海軍大臣):先輩。啄木に作歌指導をした。
  • 若山牧水(歌人):友人。啄木の最期を看取った。
  • 与謝野鉄幹(詩人・歌人):交流。
  • 与謝野晶子(歌人):交流。
  • 野口雨情(詩人):北海道の新聞記者時代の同僚。
  • 幸徳秋水(社会主義者):大逆事件で処刑された。
  • クロポトキン(政治思想家):啄木が愛読した。