レンブラントの似顔絵

レンブラントのイラスト

レンブラント・ファン・レイン

Rembrandt Harmensz, van Rijn(1606-1669)
オランダ黄金時代の画家

ライデン出身。ライデン大学を中退し、現地のカラヴァッジョ派からバロック様式を学ぶ。独立後の1632年にアムステルダムへ移住し、「テュルプ博士の解剖学講義」で名声を確立。大工房で多くの弟子を抱えながら肖像画・宗教画・神話画などを手掛けたが、自身の散財や相次ぐ身内の不幸で晩年は苦境に陥った。独自の明暗対比と物語性の高い表現が特長で、油彩以外に版画やデッサンを数多く残した。また生涯を通して自画像を描き続けた事でも知られる。

関連人物

  • ラストマン(画家):師。
  • デューラー(画家):レンブラントが影響を受けた。
  • カラヴァッジョ(画家):レンブラントが影響を受けた。
  • ルーベンス(画家):レンブラントが影響を受けた。
  • ドウ(画家):弟子。
  • ファブリティウス(画家):弟子。
  • ヘルデル(画家):弟子。
  • カルフ(静物画家):レンブラントの影響を受けた。

作品提供

参考リンク

(2016/03/12 改作)