与謝野晶子の似顔絵

与謝野晶子のイラスト

与謝野晶子

よさのあきこ(1878-1942)
明治時代~昭和初期の歌人・評論家

大阪堺出身。旧名は鳳しょう。堺女学校卒業後、家業を手伝いながら短歌を投稿。1900年に与謝野鉄幹の「明星」に参加、翌01年発表の処女歌集「みだれ髪」で女性の官能を詠い上げ、浪漫派歌人として知られた。鉄幹との結婚後は、歌や詩を中心に小説・評論・古典研究・教育活動など幅広く活躍。日露戦争に従軍する弟を思う長詩「君死にたまふことなかれ」は、その思想的主題が論争となって反響を呼び、評論活動では平塚らいてうらと母性保護論争を展開した。

関連人物

  • 尾崎紅葉(小説家):晶子が愛読した。
  • 樋口一葉(小説家):晶子が愛読した。
  • 与謝野鉄幹(歌人):夫。新詩社「明星」主宰。
  • 山川登美子(歌人):ライバル。晶子との共著「恋衣」を発表。
  • 上田敏(詩人):「みだれ髪」を「詩壇革新の先駆」と評価した。
  • 森鴎外(小説家):交友。
  • 紫式部(作家):晶子が「源氏物語」「紫式部日記」を新訳。
  • 赤染衛門(歌人):晶子が「栄花物語」を新訳。
  • 和泉式部(歌人):鉄幹との共著で「和泉式部日記」を評釈。
  • 平塚らいてう(思想家):母性保護を主張し、晶子と論争。