ジュールの似顔絵

ジュールのイラスト

ジェームズ・プレスコット・ジュール

James Prescott Joule(1818-1889)
イギリスの物理学者

マンチェスター近郊出身。学校教育は受けず、ドルトンら個人教師に学ぶ。19歳の時に自室で実験を開始し、1840年に電流の熱作用に関する「ジュールの法則」を発見。その後、羽根車で水を撹拌させた際の温度上昇を実測し、熱の仕事当量を算出した。この結果、力学的な仕事と熱は一定の量的対応関係で相互に転化する事が立証され、「エネルギー保存則」の成立に寄与した。仕事・エネルギー・熱量の単位ジュール(J)に名を残している。

関連人物

  • ドルトン(化学者・物理学者):個人教師。
  • トムソン(物理学者):共同研究者。
  • ボルタ(物理学者)
  • マイヤー(物理学者):血液の色の観察からエネルギー保存則を見出した。
  • ヘルムホルツ(物理学者):エネルギー保存則を見出した一人。
  • ワット(技術者):仕事率の単位ワットに名を残している。

(2011/04/11 改作)