ムソルグスキーの似顔絵

ムソルグスキーのイラスト

モデスト・ムソルグスキー

Modest Petrovich Mussorgsky(1839-1881)
ロシアの作曲家

プスコフ州出身。母からピアノを習い、作曲はほぼ独学。士官学校を卒業して軍人を目指すが、バラキレフらとの交流を通じて音楽へ転向する。官吏として生計を立てながら作曲に励むも、アルコール依存によって次第に心身を害し、廃人状態で死去。荒削りながら力強くリアリズムに立脚した作風で、独創的な和声感覚はドビュッシーらの先駆となった。代表作にオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」、交響詩「禿山の一夜」、ピアノ組曲「展覧会の絵」など。

関連人物

  • バラキレフ(作曲家):師。ロシア五人組。
  • キュイ(作曲家):ロシア五人組。
  • ボロディン(作曲家):ロシア五人組。
  • リムスキー=コルサコフ(作曲家):ロシア五人組。
  • ダルゴムイシスキー(作曲家):ムソルグスキーに影響を与えた。
  • プーシキン(詩人):オペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の原作者。
  • ゴーゴリ(作家):未完のオペラ「ソローチンツィの定期市」の原作者。
  • ボリス・ゴドゥノフ(ツァーリ):同名のオペラの題材。
  • ドビュッシー(作曲家):ムソルグスキーの影響を受けた。
  • ラヴェル(作曲家):「展覧会の絵」をオーケストラ用に編曲した。

(2012/07/08 改作)