ワイルドの似顔絵

ワイルドの切り絵,似顔絵,イラスト,肖像
オスカー・ワイルド
(Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde, 1854-1900)
イギリスの詩人・小説家

ダブリン出身。オックスフォード大学在学時にペイターやラスキンの影響を受け、詩作と遊興に熱中。ロンドンに出て執筆と講演活動で耳目を集め、芸術至上主義を実践した派手な言動で社交界の寵児となった。しかし男色の咎で投獄された事で名声は失墜。出獄後、放浪の末にパリで没した。代表作に小説「ドリアン・グレイの肖像」、戯曲「サロメ」など。

関連人物

  • ペイター(評論家):論文「ルネサンス」でワイルドに影響を与えた。
  • ラスキン(評論家):オックスフォード大学の師。
  • ストーカー(小説家):ワイルドの恋人だった女性と結婚した。
  • ビアズリー(挿絵画家):「サロメ」の挿絵を担当。
  • ジード(小説家):交流。

(2012/06/16 改作)