朴正煕の似顔絵

朴正煕,박정희のイラスト

朴正煕 / 박정희

パク・チョンヒ
(1917-1979)
韓国の軍人・政治家
大韓民国(第三・第四共和国)第5-9代大統領

慶尚北道出身。新京軍官学校と日本の陸軍士官学校に学び、満洲国軍に属する。朝鮮戦争では韓国軍で重職を歴任。1961年、李承晩政権崩壊後の混乱を打破すべくクーデターを主導して軍事政権を樹立。63年に退役し、民主共和党総裁として大統領となる(第三共和国)。日韓国交正常化、ベトナム戦争派兵で得た経済援助で高度成長を実現。72年の憲法改正で独裁色を強め(維新体制)、反対派や民主化勢力を徹底して弾圧する中、側近に暗殺された。

かつて36年間の我が国と日本との関係で言えば、それは明らかに仇敵関係だったといえます。しかしそれは、あくまでも過去であります。我々の現在でもなければ、また未来がそうあってはならないことは改めて言うまでもありません。今日、国際的連関を離れた我々だけの独存とか繁栄はあり得ないことです。特に好戦的な中共に指図され、いつ再侵するかも知れない北傀(北朝鮮)と対峙している我々の場合、一国でも多くを友邦とし、相互協力関係を結び、そうした国際協力の基調の上から祖国の近代化と自立経済建設に拍車をかけ、我々の力で国土を統一することができる自主的能力を育てねばならないことは、一つの歴史的当為だといっても過言ではありません。

1965年12月18日
日韓条約批准書交換に関する談話

関連人物

  • 金鍾泌(中央情報部長官):姪婿。ナンバー2として日韓国交正常化などに尽力。
  • 尹潽善(第4代大統領):軍事政権に追われて以降、野党最強硬派として活動。
  • 金大中(野党穏健派):政敵。朴政権によって亡命中の日本で拉致された。
  • 金泳三(野党強硬派):政敵。維新体制に反対したため議員職を除名された。
  • 崔圭夏(国務総理):大統領暗殺を受け、代行を経て後任の大統領に就任。
  • 全斗煥(国軍保安司令官):支持者。大統領暗殺事件を捜査しながら台頭。
  • ケネディ(アメリカ大統領):朴正煕らの軍事政権を公式に承認。
  • ジョンソン(アメリカ大統領):ベトナム戦争への韓国軍派兵を要請。
  • カーター(アメリカ大統領):維新体制による人権抑圧を批判して関係が悪化。
  • 佐藤栄作(日本国首相):65年に日韓基本条約を批准して国交を正常化。
  • 金日成(北朝鮮最高指導者):72年に南北共同声明を発表して独裁体制を強化。
  • 朴槿恵(第18代大統領):長女。夫人の死後にファーストレディ役を代行。