長屋王の似顔絵

長屋王,長屋親王のイラスト

長屋王

ながやおう / ながやのおおきみ
(676/684-729)
奈良時代の皇族・官人

高市皇子の第一王子。宮内卿・式部卿を経て大納言に抜擢され、藤原不比等の没後に右大臣に就任。723年に開墾奨励策として三世一身法を施行し、律令制の維持を図る。翌年、聖武天皇の即位に伴い左大臣となり、皇親勢力を代表して太政官を主導。しかし聖武の生母藤原宮子への尊称を巡る一件で、藤原四兄弟との確執が表面化し、やがて謀反の「誣告」を受けて自害へ追い込まれた(長屋王の変)。自邸で度々詩宴を催す当代一の文人でもあった。

山川異域 この日本と唐は、国土は違えども
風月同天 大空の風や月は、同じ天にあります。
寄諸仏子 同じ仏に寄り添う者同士、
共結来縁 共に来るべき縁を結びましょう。

「唐大和上東征伝」
唐の僧へ贈った漢詩

関連人物

  • 高市皇子(皇族):父。天武天皇の皇子。
  • 舎人親王(皇族):叔父。新田部親王・藤原武智麻呂らと共に長屋を糾問。
  • 元明上皇(第43代天皇):岳母。病床で長屋と房前を召して後事を託した。
  • 元正天皇(第44代天皇):義姉。長屋を右大臣として補佐を受けた。
  • 聖武天皇(第45代天皇):長屋を左大臣として補佐を受けた。
  • 吉備内親王(皇族):王妃。政変により王子と共に長屋の後を追った。
  • 藤原不比等(公卿):岳父。四兄弟の父。
  • 藤原武智麻呂(公卿):四兄弟の長男。政変を主導して後継首班に就いた。
  • 藤原房前(公卿):四兄弟の次男。長屋との関係や政変への関与は諸説ある。
  • 藤原宇合(公卿):四兄弟の三男。政変の際に軍勢を率いて長屋王邸を包囲。
  • 大伴旅人(公卿・歌人):長屋派と目され、政変直前に太宰府へ遠ざけられた。
  • 鑑真(唐の僧):かつて長屋が贈った上記の漢詩を思い出し、渡日を決意。

参考リンク

(2016/10/19 改作)