サリエリの似顔絵

サリエリのイラスト

アントニオ・サリエリ

Antonio Salieri
(1750-1825)
イタリアの作曲家・音楽教育者

ヴェローナ近郊出身。幼少から音楽の才能を発揮し、16歳の時にウィーンの宮廷に招かれた。以後、「ヴェネツィアの定期市」「ダナオスの娘たち」「タラール」などのオペラで名声を博し、1788年からは宮廷楽長に任命され、晩年まで音楽界の重鎮として君臨。教育者としても高名で、ベートーヴェンやシューベルト、リストなどを育成した。生前からモーツァルトを毒殺したという風聞が立っていたが、今日では事実無根として否定されている。

関連人物

  • ヨーゼフ2世(神聖ローマ皇帝):サリエリが宮廷楽長として仕えた。
  • モーツァルト(作曲家):サリエリ自身は才能を認めて親交を持っていた。
  • グルック(作曲家):友人。「ダナオスの娘たち」を共作して発表。
  • ベートーヴェン(作曲家):弟子。
  • フンメル(作曲家):弟子。
  • ツェルニー(作曲家):弟子。
  • F.X.モーツァルト(作曲家):弟子。ヴォルフガングの末子。
  • モシェレス(作曲家):弟子。
  • シューベルト(作曲家):弟子。
  • リスト(作曲家):弟子。
  • ベルリオーズ(作曲家):「ダナオスの娘たち」に感銘を受け音楽家を志した。
  • プーシキン(詩人):風説に取材した劇詩「モーツァルトとサリエリ」を発表。

参考資料

  • メーラー:サリエリの肖像(ウィーン楽友協会資料館蔵)

(2017/10/02 改作)