キェルケゴールの似顔絵

キルケゴール,キェルケゴールのイラスト

セーレン・キェルケゴール

Søren Aabye Kierkegaard
(1813-1855)
デンマークの思想家・哲学者

コペンハーゲン出身。コペンハーゲン大学で神学と哲学を学び、親族の相次ぐ不幸や自身の婚約破棄などの体験を経て著述を行う。当時影響力の強かったヘーゲル哲学の汎論理主義に反抗し、不安と絶望のうちに個人の主体的真理を追究。さらにキリスト教会の形式主義への批判も展開するが、その最中に路上で倒れて急死。20世紀になり、実存主義の先駆として国外に知られるようになった。著書に「あれか、これか」「不安の概念」「死に至る病」など。

関連人物

  • デカルト(哲学者):キェルケゴールが影響を受けた。
  • ハーマン(哲学者):キェルケゴールが影響を受けた。
  • カント(哲学者):キェルケゴールが影響を受けた。
  • ヘーゲル(哲学者):キェルケゴールが批判。
  • シェリング(哲学者):キェルケゴールがベルリンで聴講した。
  • バルト(神学者):キェルケゴールの影響を受けた。
  • ヤスパース(哲学者):キェルケゴールの影響を受けた。
  • ウィトゲンシュタイン(哲学者):キェルケゴールの影響を受けた。
  • ハイデガー(哲学者):キェルケゴールの影響を受けた。
  • 和辻哲郎(哲学者):キェルケゴールの思想を日本に広く紹介した。

参考資料

  • N.C.キェルケゴールによるスケッチ(デンマーク王立図書館蔵)

(2017/11/01 改作)