コレッリの似顔絵

コレッリ,コレリ,コレルリのイラスト

アルカンジェロ・コレッリ

Arcangelo Corelli
(1653-1713)
イタリアの作曲家・ヴァイオリニスト

ラヴェンナ近郊出身。ボローニャでヴァイオリンを学び、1671年頃にローマへ出て教会のヴァイオリニストとして活動したとされる。以後、各地の王侯や枢機卿に仕え、宮廷の音楽界などで活躍、ヴィヴァルディやバッハなど後進の音楽家にも影響を与えた。全48曲のトリオ・ソナタ、全12曲のヴァイオリン・ソナタ、全12曲の合奏協奏曲が残され、特にヴァイオリン・ソナタ「ラ・フォリア」や「クリスマス協奏曲 ト短調」で知られる。

関連人物

  • ヴィターリ(作曲家):コレッリに影響を与えた。
  • クリスティーナ(スウェーデン女王):コレッリが仕えた。
  • ストラデッラ(作曲家):友人。合奏協奏曲の原型を開発。
  • ガスパリーニ(作曲家):弟子。
  • カストルッチ(作曲家):弟子。
  • ジェミニアーニ(作曲家):弟子。
  • ロカテッリ(作曲家):コレッリの影響を受けた。
  • クープラン(作曲家):オマージュ作品「コレッリ讃」を作曲。
  • ヴィヴァルディ(作曲家):コレッリの影響を受けた。
  • J.S.バッハ(作曲家):コレッリの影響を受けた。

参考資料

  • ハワード:コレッリの肖像(スターリング・スミス博物館蔵)

(2017/09/30 改作)