高杉晋作の似顔絵

高杉晋作のイラスト

高杉晋作

たかすぎしんさく
(1839-1867)
幕末の長州藩士
奇兵隊創設者

長門萩出身。藩校明倫館と松下村塾に学び、久坂玄瑞と共に双璧と称された。江戸へ遊学後、上海へ渡り植民地の実情を知り、帰国して英国公使館焼討ちなど尊攘運動を展開。1863年、下関戦争での敗北を機に民兵組織「奇兵隊」を創設、翌年の四国艦隊下関砲撃事件では講和交渉に立った。のち藩内佐幕派をクーデターで倒し藩論を倒幕に統一。第二次長州征伐では諸隊を指揮して幕府軍を敗走させるが、肺結核のため維新成就を見ずに没した。

動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。
衆目駭然として敢えて正視するものなし、これ我が東行高杉君に非ずや。

伊藤博文「高杉晋作顕彰碑」碑文

関連人物

  • 吉田松陰(思想家):松下村塾の師。
  • 久坂玄瑞(長州藩士):松下村塾の同門。高杉と並ぶ双璧と称された。
  • 桂小五郎(長州藩士):藩校明倫館の先輩。
  • 井上聞多(長州藩士):藩校明倫館の先輩。
  • 伊藤俊輔(長州藩士):松下村塾の後輩。高杉に深く兄事した。
  • 山県狂介(長州藩士):松下村塾の後輩。後に奇兵隊軍監として活躍。
  • 椋梨藤太(長州藩士):藩内佐幕派。高杉らのクーデターで倒された。
  • 白石正一郎(長州の豪商):奇兵隊の会計方として資金援助した。
  • 野村望東尼(筑前の歌人):高杉ら尊攘派志士を匿いながら交流。
  • 大村益次郎(兵学者):長州征伐に備えて軍政改革を指導。
  • 五代友厚(薩摩藩士):上海渡航時に同行。

(2017/08/09 改作)