キリヌケ成層圏

歴史上の人物の似顔絵を切り絵で描くブログ(画風改造中)

井上馨の似顔絵

2015/02/01

井上馨,志道聞多のイラスト

井上馨 / 井上聞多

いのうえかおる / いのうえもんた(1836-1915)
幕末の長州藩士、明治時代の政治家・実業家
初代外務大臣

周防国出身。藩校明倫館に学び、江戸遊学中は高杉晋作や久坂玄瑞らと攘夷活動を展開したが、イギリス留学を経て開国論へ転じる。維新後は大蔵省へ入り財政面で尽力するも、江藤新平らに予算問題や汚職事件を追及されて辞職。のち盟友伊藤博文の要請で復帰して要職を歴任、外相時代は条約改正交渉のため鹿鳴館に代表される欧化政策で世論の批判を浴びる。晩年は山県有朋と共に長州閥の元老として、また政官財界の仲介役として君臨した。

関連人物

  • 毛利敬親(第13代長州藩主):旧主。「聞多」の名を与えた。
  • 高杉晋作(長州藩士):同志。英国公使館焼討ちなどの攘夷活動を主導。
  • 木戸孝允(新政府首脳):明倫館の先輩。長州閥の第一人者で庇護者。
  • 伊藤博文(初代首相):盟友。井上が外相として欧化政策を推進。
  • 黒田清隆(第2代首相):井上と共に日朝修好条規を締結。
  • 江藤新平(司法卿):政敵。井上の尾去沢銅山私有事件を追及。
  • 大隈重信(外相):井上の後任として条約改正交渉に当たった。
  • 渋沢栄一(実業家):大蔵官僚時代からの側近で盟友。
  • 益田孝(実業家):井上と共に先収会社(三井物産)を設立。
  • 桂太郎(陸軍軍人):姻戚。

(2015/01/29 改作)

-日本の人物, 幕末, 似顔絵, 江戸時代, 明治時代
-, ,