ヒトラーの似顔絵

ヒトラー,ヒットラーのイラスト

アドルフ・ヒトラー

Adolf Hitler
(1889-1945)
ドイツの政治家・国家元首
国民社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)指導者

オーストリア出身。画家の道を諦め、ドイツへ移って第一次大戦に参加。戦後、ナチ党を率いて、ヴェルサイユ条約打破・共和制打倒・ユダヤ人排斥を掲げた。1923年のミュンヘン一揆で投獄され、釈放後に「我が闘争」を出版。世界恐慌に乗じて中間層の支持を集め、33年に首相となる。国家元首(総統)として独裁体制を築き領土拡張政策を推進、39年のポーランド侵攻によって第二次大戦を引き起こすが、連合国の反撃を受け、ベルリン陥落前に自殺した。

我々は遂に将来の領土獲得政策へ移行する。我が民族の子孫のため、領土獲得はもはや権利でなく義務である。この世界で最も神聖な犠牲は、土地のために流される血である。ドイツは世界の強国となるか、あるいは滅亡するか、そのどちらかである。我がドイツ民族は、植民地ではなく、ヨーロッパの故郷の大地にその力の源を求める。今日、ヨーロッパで我々が求める新しい領土、それはロシアと、それに従属する東ヨーロッパの衛星諸国である。

「我が闘争」

関連人物

  • ヒンデンブルク(第2代大統領):ヒトラーを首相に任命。
  • ゲーリング(全国指導者):総統後継者・国家元帥。
  • ヘス(全国指導者):総統代理。
  • ゲッベルス(全国指導者):啓蒙宣伝大臣。
  • パーペン(副首相):駐墺大使としてオーストリア併合を進めた。
  • シャハト(経済相):金融政策を巡って対立して失脚。
  • ルーデンドルフ(陸軍軍人):共にミュンヘン一揆を起こした。
  • チェンバレン(イギリス首相):宥和に失敗し、ポーランド侵攻後に宣戦布告。
  • チャーチル(イギリス首相):対独強硬派として戦時内閣を組織。
  • スターリン(ソ連最高指導者):独ソ不可侵条約で協調するも独ソ戦で破綻。
  • 近衛文麿(日本国首相):日独伊三国同盟を締結。
  • ムッソリーニ(イタリア首相):日独伊三国同盟を締結。

(2017/03/24 改作)