谷崎潤一郎の似顔絵

谷崎潤一郎のイラスト

谷崎潤一郎

たにざきじゅんいちろう
(1886-1965)
明治時代末期~昭和時代中期の小説家

東京日本橋出身。東京帝国大学国文科在学中に和辻哲郎らと「新思潮」を創刊。中退後、永井荷風に賞賛されて文壇に登場し、マゾヒズムや女性賛美の世界を示す。関東大震災を機に関西へ移住し、モダン・ガールの風俗を描いた「痴人の愛」が反響を呼んだ。次いで「卍」「蓼喰ふ虫」「春琴抄」などを発表。大戦中は「細雪」や「源氏物語」現代語訳に取り組み、戦後も老いと闘いながら旺盛に執筆活動を続けた。他に「陰翳礼讃」などの随筆も残した。

関連人物

  • 和辻哲郎(倫理学者):第二次「新思潮」同人。
  • 芦田均(政治家):第二次「新思潮」同人。
  • 永井荷風(小説家):恩人。谷崎を賞賛して文壇に紹介した。
  • 佐藤春夫(詩人・作家):交友。谷崎の夫人を譲り受けた。
  • 芥川龍之介(小説家):交友。誌上で論争を繰り広げた。
  • 泉鏡花(小説家):交友。
  • 紫式部(作家・歌人):「源氏物語」の作者。
  • 藤原時平(公卿):「少将滋幹の母」の題材。
  • ワイルド(小説家):「ウィンダミア婦人の扇」を谷崎らが翻訳。