ショーペンハウアーの似顔絵

ショーペンハウアー,ショーペンハウエルのイラスト

アルトゥル・ショーペンハウアー

Arthur Schopenhauer
(1788-1860)
ドイツの哲学者

グダニスク出身。ゲッティンゲン大学とベルリン大学で哲学を学ぶ。1819年に主著「意志と表象としての世界」を完成させ、ベルリン大学の講師となるが、同僚ヘーゲルの人気に押され不遇だった。世界は「私の表象」であり、その根底にある「生きようとする盲目的意志」が満たされない欲望を追求するために、人生は苦であるとする主意主義的悲観主義を構築。この苦からの解脱には、意志の否定によって涅槃の境地に達する他はないとした。

関連人物

  • ヨハンナ・ショーペンハウアー(小説家):母。後に性格の不一致で決別。
  • 釈迦(仏教の開祖):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • プラトン(哲学者):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • ブルーノ(哲学者):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • ベーメ(神秘思想家):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • カント(哲学者):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • ゲーテ(劇作家):ショーペンハウアーが影響を受けた。
  • ヘーゲル(哲学者):ベルリン大学の同僚。
  • ニーチェ(哲学者):ショーペンハウアーの影響を受けた。
  • ウィトゲンシュタイン(哲学者):ショーペンハウアーの影響を受けた。
  • ワーグナー(作曲家):ショーペンハウアーの影響を受けた。
  • マーラー(作曲家):ショーペンハウアーの影響を受けた。

(2017/08/09 改作)