後醍醐天皇の似顔絵

後醍醐天皇のイラスト

後醍醐天皇 / 尊治親王

ごだいごてんのう / たかはるしんのう(1288-1339)
第96代天皇

後宇多天皇の第二皇子。31歳で即位し、皇位継承に介入する幕府の打倒を図るが、計画は露見して隠岐へ配流となる。1333年、畿内の倒幕運動に呼応して配所を脱出、鎌倉陥落を受けて帰京し、「建武の新政」を始めた。しかし恣意的な独裁色が強く、民衆はおろか武家や公家からも失望され、足利尊氏の離反によって政権は瓦解。大和吉野に逃れて南朝を立て、各地に皇子を派遣して北朝・足利幕府に対抗するも、有力武将が次々と討たれる劣勢のまま崩御した。

朕の妄念とは、朝敵をことごとく滅ぼして天下を泰平ならしめる事である。たとえこの身が吉野の苔に埋もれるとも、魂は常に京の天を望もうと思う。
もしこの命に背いて義を軽んずれば、帝であろうと正当な世継ではないし、臣下もまた忠臣ではない。

「太平記」
巻第二十一『先帝崩御事』(意訳)

関連人物

  • 後宇多天皇(第91代天皇):父帝。後醍醐を中継ぎ扱いとして父子で対立。
  • 花園天皇(第95代天皇):持明院統。後醍醐へ譲位後は光厳天皇を養育。
  • 阿野廉子(後醍醐の寵妃):皇后並に遇されて権勢を誇り、執政にも関与した。
  • 後村上天皇(第97代天皇):廉子との間の皇子。
  • 護良親王(後醍醐の皇子):父帝や継母廉子に疎まれて失脚。
  • 北畠親房(南朝方の公卿):万里小路宣房・吉田定房と並ぶ側近。
  • 楠木正成(南朝方の武将):倒幕の功臣。建武政権で河内・和泉守護となる。
  • 新田義貞(南朝方の武将):倒幕の功臣。建武政権で武者所頭人となる。
  • 名和長年(南朝方の武将):倒幕の功臣。後醍醐の隠岐脱出を支援。
  • 足利尊氏(北朝方の武将):倒幕の功臣。後に離反して北朝を擁立。

参考資料

  • 後醍醐天皇御像(清浄光寺蔵)

参考リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする