藤原基衡の似顔絵

藤原基衡のイラスト

藤原基衡

ふじわらのもとひら(?-1157)
平安後期の武将・豪族
奥州藤原氏第2代当主

藤原清衡の子。父の死後、家督相続を巡る争いに勝って当主となる。陸奥守として下向した院近臣藤原基成と結んで、京との関係を強化。奥羽の摂関家荘園の実質的な管理者として、左大臣藤原頼長による年貢増徴の要求に抵抗、長期交渉の末に妥結に成功している。また本拠平泉に毛越寺を再興し、中尊寺を凌ぐほどの壮麗な伽藍を築いた。

関連人物

  • 藤原清衡(初代当主):父。
  • 安倍宗任(陸奥の武将):義父。
  • 藤原惟常(陸奥の武将):兄弟。家督争いで基衡と合戦に及び敗死。
  • 藤原秀衡(第3代当主):嫡男。
  • 藤原師綱(白河院近臣):陸奥守。公田の検注を巡って基衡側と抗争になった。
  • 藤原基成(鳥羽院近臣):後任の陸奥守。娘を秀衡に嫁がせ、親交を結んだ。
  • 藤原頼長(公卿):年貢増額を要求するが、基衡側に有利な条件で妥協した。
  • 藤原忠通(公卿):仁和寺を介して毛越寺金堂の額の揮毫を依頼された。

参考資料

  • 藤原基衡像(毛越寺蔵)

(2012/06/07 改作)