ベートーヴェンの似顔絵

ベートーヴェン,ベートーベンのイラスト

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

Ludwig van Beethoven
(1770-1827)
ドイツの作曲家・ピアニスト

ボン出身。ケルンの宮廷楽士の家に生まれ、故郷とウィーンでピアニストをしながら作曲を学ぶ。ハイドンやモーツァルトらの古典派音楽を吸収、論理的な形式に劇的な効果を盛り込み、楽曲の拡大化を図った。20代後半以降は難聴に苦しみながらも創作を続け、次第にロマン主義的色彩を深め、晩年には対位法や変奏技法を駆使した未曾有の境地に達する。宮廷や貴族向けの機会音楽を独立した「芸術」として表現し、後世の音楽家に絶大な影響を与えた。

関連人物

  • ヴァルトシュタイン伯爵(宮中顧問官):友人。ボン時代の支援者。
  • ルドルフ大公(枢機卿):弟子。ウィーン時代の支援者。
  • ヘンデル(作曲家):ベートーヴェンが「最も偉大」として讃えていた。
  • モーツァルト(作曲家):ベートーヴェンに影響を与えた。
  • クレメンティ(作曲家):ベートーヴェンのピアノ書法に影響を与えた。
  • ハイドン(作曲家):師の一人。
  • アルブレヒツベルガー(作曲家):ハイドン不在時の師。
  • サリエリ(作曲家):師の一人。特に歌唱曲の表現技法に影響を与えた。
  • フンメル(作曲家):友人でライバル。病床のベートーヴェンを見舞った。
  • ツェルニー(作曲家):弟子。
  • リース(作曲家):弟子。
  • シラー(詩人):「交響曲第9番」の終結合唱「歓喜に寄す」の原詩作者。
  • ロラン(作家):ベートーヴェンの神格化に影響を与えた。

参考資料

  • シュティーラー:ベートーヴェンの肖像(ベートーヴェン・ハウス蔵)

(2016/12/20 改作)