鳥羽法皇の似顔絵

鳥羽天皇,鳥羽上皇,鳥羽法皇,鳥羽院のイラスト

鳥羽天皇 / 宗仁親王

とばてんのう / むねひとしんのう(1103-1156)
第74代天皇

堀河天皇の第一皇子。5歳で即位し、祖父白河法皇の院政下で21歳で崇徳天皇に譲位させられる。白河の崩御を受けて院政を始め、荘園の再興や白河院政で失脚していた近臣の再登用を進めた。また皇后美福門院を寵愛し、崇徳に譲位を迫って躰仁親王を即位させ(近衛天皇)、のち近衛が早世すると、崇徳院政を阻止する思惑から雅仁親王が擁立(後白河天皇)。この皇位継承問題に摂関家の内紛も絡み、崩御後まもなく「保元の乱」が勃発した。

朕とそち(藤原忠実)が没すれば、天下はまさに乱れよう。悲しい事よ。

藤原頼長「台記」
仁平3年(1153)9月23日条

関連人物

  • 白河法皇(第72代天皇):祖父。崇徳を後見するため鳥羽に譲位を迫った。
  • 堀河天皇(第73代天皇):父帝。白河院政の本格化が進む中で実権に乏しかった。
  • 待賢門院(中宮):崇徳・後白河両帝の生母。
  • 美福門院(皇后):近衛帝の生母。鳥羽の寵愛を受けて権勢を振るった。
  • 崇徳上皇(第75代天皇):第一皇子。白河院の実子ともいわれ疎まれていた。
  • 近衛天皇(第76代天皇):第九皇子。鳥羽院政を伸長させるため即位するが早世。
  • 後白河天皇(第77代天皇):第四皇子。道楽者で当初は皇位とは無縁だった。
  • 藤原忠実(公卿):白河院政で失脚していたが鳥羽院政で復帰。
  • 藤原頼長(公卿):近衛帝の早世を機に鳥羽の信任を失って失脚。
  • 平忠盛(平氏の棟梁):鳥羽院政下で勢力を拡大し、内裏昇殿を許された。

参考資料

  • 「天子摂関御影」より(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)

参考リンク