加藤友三郎の似顔絵

加藤友三郎のイラスト

加藤友三郎

かとうともさぶろう(1861-1923)
明治~大正時代の海軍軍人・政治家
第21代内閣総理大臣

広島藩出身。海軍兵学校卒業後、日清戦争に従軍。日露戦争では連合艦隊参謀長として日本海海戦で活躍する。以後、海軍次官など要職を歴任、第2次大隈内閣から高橋内閣までの海相を務め、海軍の統制と増強に尽力した。1921年のワシントン会議に首席全権として出席し、対米英6割とする海軍軍縮条約に調印、建艦競争に歯止めを掛ける。翌22年に海相兼任で首相に就任、軍縮やシベリア撤兵を実行してワシントン体制の一翼を担うが、在職中に病没した。

国防は国力に相応ずる武力を備うると同時に、国力を涵養し、一方外交手段により戦争を避くることが、目下の時勢において国防の本義なりと信ず。すなわち国防は軍人の専有物にあらずとの結論に達す。

軍縮会議終了後の海軍省宛への伝言

関連人物

  • 島村速雄(海軍軍人):海軍兵学校の同期で友人。
  • 東郷平八郎(海軍軍人):上官。日本海海戦時の連合艦隊司令長官。
  • 秋山真之(海軍軍人):日本海海戦時の先任参謀。
  • 大隈重信(第17代首相):加藤が海相として初入閣。
  • 寺内正毅(第18代首相):加藤が海相として再任。
  • 原敬(第19代首相):加藤が海相として再任。
  • 高橋是清(第20代首相):加藤が海相としてワシントン会議に出席。
  • 幣原喜重郎(駐米大使):加藤と共にワシントン会議の全権として出席。
  • 山梨半造(陸相):海軍に倣って陸軍の軍縮を実行(山梨軍縮)。
  • 内田康哉(外相):加藤急死に伴い、首相臨時代理を務めた。