武田信玄の似顔絵

武田信玄のイラスト

武田信玄 / 武田晴信

たけだしんげん / たけだはるのぶ(1521-1573)
戦国時代の武将・大名
室町幕府甲斐・信濃守護

武田信虎の嫡男。暴政を敷いた父を追放して家督を相続。信濃へ侵攻して諸大名を破り、南下策をとる上杉謙信と対立。以後5度に及ぶ川中島合戦を繰り広げて信濃をほぼ平定する。また北条氏康、今川義元との同盟を足掛かりに北関東へ侵入。やがて方針を変えて同盟を捨て、今川氏真を追って駿河を掌握し、北条氏とも転戦した。北条氏との和睦後は上洛を目指して西上作戦を開始、三方ヶ原で織田・徳川連合軍に圧勝して進撃するが、陣中で病に倒れた。

関連人物

  • 武田信虎(甲斐の大名):父。暴政で家臣領民から疎まれ、駿河へ追放された。
  • 村上義清(北信濃の大名):上田原合戦、砥石城攻めで武田軍を苦しめた勇将。
  • 上杉謙信(越後の大名):宿敵。1561年の第4次川中島合戦が激戦になった。
  • 北条氏康(相模の大名):謙信を共通の敵として軍事同盟を結ぶ。
  • 今川義元(駿河の大名):婚姻同盟を結ぶが、桶狭間での横死後に破綻した。
  • 今川氏真(駿河の大名):同盟破綻後、武田・徳川軍に駿府を占領された。
  • 織田信長(尾張の大名):友好関係を保っていたが後に対抗。
  • 徳川家康(三河の大名):遠江三方ヶ原で屈辱的な大敗を喫した。
  • 武田勝頼(甲斐の大名):庶子。嫡男義信の廃嫡により継嗣となった。
  • 馬場信春(武田家家臣):主力重臣。他に内藤昌豊・山県昌景・高坂昌信など。

作品提供