横井小楠の似顔絵

横井小楠のイラスト

横井小楠

よこいしょうなん(1809-1869)
幕末の熊本藩士・思想家

肥後熊本出身。藩校時習館に学び、江戸へ遊学して藤田東湖らと交流。帰藩後は実践的朱子学を目指す改革派集団「実学党」を組織し、私塾を開いて子弟を教育する。1858年、福井藩主松平春嶽に招かれ、藩政改革を指導して富国策を実施、その経緯を「国是三論」にまとめた。さらに春嶽が幕府の政事総裁職になると、開国貿易・殖産興業・海軍強化などの幕政改革を補佐。明治政府に参与として出仕するが、西洋化を憂う尊攘派志士に暗殺された。

関連人物

  • 佐藤一斎(儒学者):江戸遊学中に師事。
  • 松崎慊堂(儒学者):江戸遊学中に交流。
  • 藤田東湖(水戸学者):江戸遊学中に交流。
  • 長岡監物(熊本藩家老):実学党の庇護者。のち開国論に転じた小楠と決別。
  • 元田永孚(熊本藩士):小楠らと実学党を組織。のち明治天皇の侍講。
  • 徳冨一敬(漢学者):門弟。徳富蘇峰・徳冨蘆花の父。
  • 松平春嶽(福井藩主・政事総裁職):小楠を政治顧問として重用。
  • 勝海舟(幕臣):江戸で小楠と会見。
  • 吉田松陰(長州藩士・思想家):熊本で小楠と会見。
  • 坂本龍馬(土佐浪士):熊本で小楠と会見。