高野長英の似顔絵

高野長英のイラスト

高野長英

たかのちょうえい(1804-1850)
江戸後期の医者・蘭学者

陸奥国出身。旧姓は後藤氏。江戸で杉田伯元・吉田長叔に師事し、長崎の鳴滝塾でシーボルトから蘭学を学ぶ。渡辺崋山らの尚歯会に加わり、1838年に「戊戌夢物語」を著して幕府の対外政策を批判。翌年、蛮社の獄に連座して投獄されるが、脱走して変名で蘭書の翻訳を続けた。潜伏先の江戸で捕吏に襲われたところを自刃。

関連人物

  • 杉田伯元(蘭方医):師。杉田玄白の養子。
  • 吉田長淑(蘭方医):師。偏諱「長」を与えた。
  • シーボルト(医者):鳴滝塾の師。
  • 渡辺崋山(蘭学者):尚歯会を通じて交友。
  • 小関三英(蘭学者):尚歯会を通じて交友。
  • 鳥居耀蔵(幕臣):蛮社の獄において弾圧を主導。
  • 鈴木春山(兵学者):逃亡中の長英を庇護。
  • 伊達宗城(宇和島藩主):長英を招いて藩内の兵備の洋式化を進めた。

参考資料

  • 椿椿山:高野長英像(高野長英記念館蔵)