尾崎行雄の似顔絵

尾崎行雄のイラスト

尾崎行雄

おざきゆきお(1858-1954)
明治時代~昭和前期の政治家

相模国出身。慶應義塾中退後に記者を経て、立憲改進党創立に参加。1890年の第1回総選挙以降、連続25回当選し、藩閥政治攻撃の急先鋒となる。第一次護憲運動では政党優先の憲政を目指し、「憲政の神様」と称された。後年は軍縮論を主張して、軍部の台頭と全体主義化を批判、翼賛選挙の際に不敬罪で検挙されている。戦後は長老的存在として活躍した。

関連人物

  • 福沢諭吉(慶應義塾塾長):尾崎の文才を認め、新聞社主筆に推薦。
  • 大隈重信(立憲改進党党首):尾崎が設立に参画。隈板内閣では文相として入閣。
  • 後藤象二郎(自由党議員):大同団結運動に尾崎が参画。
  • 伊藤博文(立憲政友会総裁):尾崎を政友会へ引き入れた。
  • 松方正義(第6代首相):第二次内閣で尾崎が外務参事官に就任。
  • 犬養毅(立憲国民党党首):第一次護憲運動で尾崎と協力。
  • 桂太郎(第15代首相):第一次護憲運動に直面し、総辞職に追い込まれた。
  • 加藤高明(憲政会総裁):尾崎が筆頭総務として参画。
  • 鳩山一郎(同交会代表):翼賛運動を批判して、尾崎らと同交会を結成。